時間差別ダイエット 夜編

夕食。

ダイエッターにとっては1日の食生活の中で最大の山場となっているでしょう。

夕食の後は体を動かさない睡眠が待っています。

まぁ、痩せやすい体質に変化させることができれば、睡眠中も脂肪燃焼してくれるようになりますので良いのですが、まだ体質変化が完了していない段階で睡眠中の新陳代謝を期待することは危険でしょうね。

そこはあまり期待せずに、まずは日常の夕食を意識することを意識していただきたいと思います。

夕食時は1日の行動が完了し、ゆったりとリラックスできる貴重な時間帯でもあります。

そんな時間帯では…ついつい1日頑張った自分へのご褒美として好きな物を摂取したくなることも多々あるでしょう。

また、友人や同僚・後輩先輩…そして恋人との外食も、大人になるにつれて回数が増えてくることもあると思います。

そんな生活では、中々夕食を意識したダイエット生活を送ることは難しいものがあるでしょうね。

そこで夕食時のダイエット方法として画期的な方法がありますので、さっそくご紹介したいと思います。

外食は人間社会での大切なコミュニケーションの場でもありますので、あまりに拒絶ばかりできるものでもないでしょう。

日頃のストレス発散目的もあるでしょうし、恋人との大切な時間でもあると思います。

そんな外食の回数を減らすことを意識してしまうことで、多かれ少なかれ『ストレス』が発生してしまいます。

ストレスが溜まってしまうとダイエット結果にも影響がでてしまうので、なるべく避けたいところですよね。

夕食時のダイエットのポイントはそんな外食を控える事ではありませんので安心してくださいね。

時間差別ダイエット 夜編

外食のない夕食を『おかゆ』にすることを意識することが、夕食時のダイエットポイントとなります。

おかゆは、胃への負担が少なく、素朴な味わいの低カロリーな料理です。

動物性の食材は一切使いません。

ヘルシー、科学調味料無添加、 低カロリーなのにも関わらず栄養バランスが整っているおかゆは、健康的なダイエットメニューとしては最適でしょう。

低カロリーであることで摂取 カロリーを低くすることができます。

■夕食に美味しい雑炊でダイエット
=> 初めての方におすすめお試しセット!ローカロ雑炊から和風味5種類を厳選【1,000円ポッキリ】ロ…

実はおかゆに加える水の量によって、カロリーが変わってくることがわかっています。

おかゆの中で、最も水分が多い三分粥では、通常の白米の5分の1以下の カロリーになります。

全粥であても100kcalですから、本当に低カロリーですね。

通常、おかゆを作る時は白米を炊くよりも多く水を入れますので、お米が水を吸って膨らみ必然的に量も増えます。

要は、同じ1人分の量でも、普段摂取している白米の量よりも少なくなります。

お米の量が少ないということは当たり前ではありますが、その分摂取カロリーも低くなるので、無意識であっても勝手にダイエット作用が発揮されているということになるのです!

白米は、おかゆに変わった時点で、米1粒1粒の形状はなくなるので、消化吸収されやすくなります。

消化吸収されやすいおかゆが体内に取り込まれると、即効でエネルギーに 変わり、体内に蓄積される脂肪を抑制するので、特に夕食時のおかゆダイエットは 効果が期待できるのです。

この方法を上手に活用し、ストレスはきちんと発散して、恋人との楽しい時間も保有し、そして最も効果的が期待できるおかゆダイエットで、毎日の夕食を楽しみながら頑張ってください!

いかがでしたでしょうか?

これで時間別ダイエットシリーズは終了となります。

朝・昼・晩と、皆さんのペースで少しずつでも今回ご紹介したダイエット方法を活用してみてください!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ