ダイエットと食事の関係

発酵食品でダイエット

発酵食品を利用してダイエットを成功させようとする人が少なくありません。

チーズやヨーグルト、納豆、キムチなどの発酵食品は大昔から食べ続けられている発酵食品です。

発酵食品をダイエットにどのように活用したら良いのでしょうか。

複数種類の発酵食品を、毎日少しずつ食べるようにすることが、おすすめの発酵食品の食べ方だといいます。

料理の中で上手に使って味のバリエーションをつけることができる醤油や味噌などの調味料も発酵食品のひとつです。

酢は脂質の吸収をゆるやかにする作用があり、希釈して飲んでいる人もいます。

乳酸菌で腸内環境を整えることができるヨーグルトは、便秘がちで困っているような人のダイエットに向いています。

ヨーグルトは、毎日摂取することでより効果が高まります。

牛乳だとお腹が下るという人でも、安心して使うことができる食べ物です。

かつお節もだしに使用したり、おかずに振りかけて食べることでダイエット効果を得られる発酵食品です。

イノシン酸はかつお節から摂取できるアミノ酸の一つで、代謝を高める作用があります。

納豆は発酵食品の一つであり、たんぱく質をたくさん含みます。

カルシウムや女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンの量が増加し、体内に吸収されやすくなっています。

漬物やキムチは発酵食品であると同時に、食物繊維をたくさん摂取できます。

キムチは唐辛子が含まれているので、カプサイシンの効果も得られるでしょう。

色々な発酵食品を毎日食べることで、代謝を高め、ダイエットに役立てていくことがおすすめです。

豆腐はダイエットにぴったりの食品

ダイエットに役立つとされている食品には様々なものがありますが、代表的なものが豆腐です。

豆腐の栄養の豊富さと調理のしやすさで古くから日本人にとってなじみの深い食品です。

なぜ、豆腐はダイエットに効果的なのでしょう。

豆腐は大豆からつくられる食品です。

大豆はたんぱく質が多く、畑の肉とも言われています。

人間の体のほとんどは水とたんぱく質で形成されており、ダイエットをした人はとくに筋肉をつける必要があります。

筋肉は、日中だけでなく安静にしている時でもエネルギーを燃焼させています。

しかしたんぱく質が足りなくなると、脂肪が燃焼できなくなります。

大豆はたんぱく質の豊富な食材ですが、体内に吸収するのは難しいものです。

豆腐に加工することで、たんぱく質の摂取効率がアップします。

低カロリーであることも、豆腐のメリットです。

ダイエット中に主食としてもおかずにしても栄養価が高く低カロリーなので活用しやすい食品だといえるでしょう。

豆腐には、多種多様な栄養素が配合されているといいます。

カルシウムは骨を形成する健康には欠かせない栄養素ですが、ダイエット中は栄養が偏りがちでカルシウムが不足することが多いといいます。

豆腐には豊富なカルシウムが含まれていますので、たんぱく質だけでなくカルシウムも体内に取り入れられます。

ダイエットをしている時に役立つ豆腐レシピは色々なものがありますので、積極的に使っていくといいでしょう。

沖縄の食品でダイエット

ダイエットに、沖縄の食品を使う人が多いようです。

沖縄には、沖縄でしか使われていないような食材があります。

沖縄県民は亜熱帯の豊かな自然で育った栄養価の高い食品を栄養価を落とさないように上手に摂取しています。

ゴーヤは沖縄の食品としてよく知られているもので、ビタミンCが多い食品の一つとされています。

ゴーヤに含まれているビタミンCは、料理の過程で火を通しても壊れない栄養素です。

ゴーヤのビタミンCは中性脂肪を減らす効果があるのでダイエットにもぴったりの食品です。

沖縄独自の食材には、紫イモがあります。食物繊維をたくさん補給できて、便秘対策に効果がある食品です。

ビタミンやミネラルも紫イモにはたっぷり含まれていますので、お通じがよくない人や、栄養のバランスに不安がある人はどんどん使っていくといいでしょう。

カリウムも多いので利尿作用もあり、ダイエット効果が期待できるでしょう。

沖縄料理では豚肉もよく使われる食品です。

豚肉には良質のたんぱく質とビタミンB1が含まれているのでダイエットに効果的です。

沖縄でよく用いられている食品に、島らっきょうがあります。

食物繊維がたっぷり含まれ、腸の活動を高める効果がある食品です。

しまらっきょうの辛み成分はビタミンB1と結合してその吸収を助ける働きがあります。

体力が低下している時などに島らっきょうを摂取すると、疲れから速やかに回復できます。

沖縄食品を賢く利用して、ダイエット効果の高い食事メニューにしましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ