季節野菜有効活用ダイエット

野菜には、季節ごとに“旬”がありますよね。

 

その旬は驚くくらい理に叶っているものなのです。

 

暑い季節が旬な夏野菜は体を冷やす効果、寒い季節に旬な冬野菜は体を温める効果があります

 

その効果をしっかりと取り入れて年中通して有効的なダイエット食生活ができるよう意識していきましょう!

 

 

 

一年の中で四季がはっきりと分かれている世界でも貴重な日本には、春夏秋冬、四季折々の旬の野菜があります。

 

自然の恩恵、自然のメカニズムを利用して、上手にダイエット生活を過ごしましょう。

 

夏野菜は低カロリーなので、たくさん食べても太りません!

 

食べた分だけ食物繊維がたっぷり取れるので、頑固な便秘解消も期待できますね!

 

夏野菜の代表、三大夏野菜と言えば、皆さんはどの野菜を思い浮かべるでしょうか?

 

おそらく皆さんが思い浮かべる3つの夏野菜と言えば、ほとんどの方が「トマト・キュウリ・ナス」と、同じ答えを言うでしょう。

 

それくらいにあまりに有名な夏野菜の三大主役である、トマト・キュウリ・ナスこそが、真夏のほてった身体の体温調整をし、体の熱を冷ましてくれる野菜なのです。

 

さらに、トマトに含まれるリコピンは免疫力を上げる効果があり、キュウリに含まれるカリウムは利尿作用やむくみ解消に効果的と言われ、ナスには豊富な食物繊維が含まれているために便秘解消や肥満防止効果があると言われています。

 

また、同じ夏野菜でも「ピーマン」は身体を温める作用があります。

 

ピーマンに含まれる「カプサイシン」の効果ですね。

 

体温を温めることによって新陳代謝が上がっていくのです。

 

夏野菜のほとんどが身体を冷やす効果を持つ野菜ですが、少しだけ身体を温める事かを持つ野菜も含まれているようです。

 

 

 

他にも「タマネギ」の血液をサラサラにする作用や、腸内環境を整えてくれる整腸作用のある夏野菜を組み合わせることで、より効果的なダイエット生活を送ることができるでしょう!

 

冬野菜ではありますが、年中手に入れる事のできる「ショウガ」の解毒作用や血行促進効果をスパイスとして付け加えても効果的ですね。

 

基本的に夏野菜は身体を冷やす効果冬野菜は身体を温める効果がありますので、寒い冬には冬野菜を積極的に取り入れてください。

 

代表的な冬野菜は「イモ類」「しょうが」「ごぼう」「大根」「にんにく」「かぼちゃ」などの、土の中に育つ野菜である根菜類が多いのです。

 

これらの冬野菜は身体を温めてくれる効果が高いので、寒い冬になかなか基礎代謝の働きをしてくれない体の代謝を上げてくれます。

 

気温の低い冬は体温が下がってしまうことにより、肩こりや便秘、むくみや冷え性悪化などの脂肪が蓄積されやすい悪条件が揃ってしまう危険な季節です。

 

冬野菜のほとんどが豊富な食物繊維を含んでいるので便秘解消の大きな助けとなってくれます。

 

また、抗酸化力が強いので、体のサビと言われる活性酸素から身体を守る働きもしてくれるのです。

 

活性酸素はストレスからも生成される余分な作用ですが、活性酸素が増えて体が酸性へと傾いてしまうと、筋肉の反応が悪くなってしまって基礎代謝が落ちてしまいます。

 

 

 

運動量と消費エネルギーの割合のバランスが崩れてしまうからでしょう。

 

皮膚の再生能力も落ちてしまうために、冬場に無理なダイエットをすると肌荒れという悲しいオプションもついてきてしまいます。

 

気温の低い季節にこそ抗酸化力が求められるのですが、冬野菜たちにはその手助けをする力があるのです。

 

寒い冬にはたっぷりの冬野菜を使って、アツアツの鍋なんかも良いですね。

 

美味しいお鍋をたくさん食べて、どんどん脂肪燃焼していきましょう。

 

昔からある自然の理を上手に活用することができれば、決して無理なく自然に美しい体型を手に入れることが出来るでしょう!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ