ダイエット成功の道は南の地方にある!?

a0002_005481
沖縄方面以外の日本人であれば、今までの人生で口にしたこともないような豚の耳やら豚の足、青いパパイヤにサトウキビ…。

 

 

どれもこれも自分の家庭に登場したことのないような食材ばかりです。

 

 

むしろ、それらのものが“食材”になっていることすら驚かされました。

 

 

…まぁ、何でも近場のスーパーで手軽に購入できるようになった現代社会では、珍しい食材でもないのかもしれませんが…やはりいくら身近に売られていたとしても、相当意識しなければ食卓に並ぶことはないでしょう。

 

 

始めは先入観や味わったことのないような味付けに、戸惑いを隠すことはできなかったのも事実ではありますが、何度か食していくうちにすっかりハマってしまいました。

 

 

沖縄ダイエット料理の中でも、最もポピュラーで親しみやすい“ゴーヤーチャンプル”についてお話ししたいと思います。

 

 

ゴーヤーは、共役リノレン酸や脂肪酸など、ダイエット効果の高い成分がたくさん詰め込まれている優秀な食材です。

 

 

 

 

 

コレステロールや中性脂肪などの血中脂肪の低下に効果的な水溶性の繊維が豊富に含まれており、ゴーヤーの苦味成分“モモルデシチン”と、糖の分解を促進しながら血糖値を下げる“チャランチン”も、コレステロールも低下させる効果があることは有名な話ですね。

 

 

共役リノレン酸は、人の体内で、脂肪の代謝だけを促進し、筋肉がおちないとアメリカなどで評判の“共役リノール酸”に変わるそうです。

 

 

体内で分解された脂肪がエネルギーとして使われなかった場合は、またもとの 脂肪に戻ってしまいますが、脂肪酸がこの働きを抑えてくれる作用があるとも言われています。

 

 

そんなゴーヤーは豚肉と炒めることにより、抗酸力がアップするそうなので、“ゴーヤーチャンプル”はダイエットメニューの上位にランクインするほどに、ダイエット効果の高い食事でしょう。

 

 

美味しく健康的にダイエット生活を送るためにも、意識して皆さんの食生活に散り入れてみてはいかがでしょうか。

 

 

結果は後のお楽しみです。近年、OLさんを主流に沖縄料理ブームが過熱しているそうです。

 

 

皆さん、沖縄料理は好きですか?

 

 

個人的には大好きですね。私は沖縄地方で出生した訳でもなければ、育った経験もありません。

 

 

 

 

 

ゆえに、初めて目の当たりにした沖縄料理にはとても驚かされた記憶があります。

 

 

私のような沖縄料理へのハマり方をされた方は少なくないと思います。

 

 

皆さんはいかかでしたか?

 

 

初めからすんなり受け入れられた方もいるでしょう。

 

 

徐々に受け入れるようになった方もいるでしょう。

 

 

未だに慣れない方もいるでしょう。

 

 

これは人の好みの問題なので、矯正できるものでもありませんし、矯正することでもありませんが…沖縄料理には我々ダイエッターにとって、嬉しい作用を引き起こさせてくれるような料理が多いことはご存知でしたでしょうか?

 

 

どうしても口に合わない…と言う方は無理して余計なストレスを抱える必要はありません。

 

 

ただ、少しでも“美味しい”と感じられている方は、ダイエット作用の詰まった沖縄料理を積極的に取り入れて、無駄な脂肪のない美しい体を手に入れて頂きたいと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ