リバウンドをしないダイエット

体重とリバウンド

リバウンドによってダイエットで一旦減った体重が戻ってしまうのはよくある話です。

体重の維持は簡単ではありません。

リバウンドをしたために、せっかく落とした体重が元通りになってしまうこともあるので、最大限の気配りが必要です。

早いうちにダイエット効果が出るより、リバウンドをしないダイエットをすることが大事です。

どうすればリバウンドは防げるでしょう。

もし食事制限を中心に体重を落とした場合、食事制限をやめることですぐにリバウンドしてしまう事がほとんどです。

体重を減らすことより、減らした体重を増やさないことの方が取組として大事です。

ダイエットをした後にリバウンドをしないためには、有効な方策が色々あります。基本的には、食事制限と運動はダイエット後もある程度続けていく必要があります。

ダイエットのためにと摂取カロリー量を落としていると、人の体は代謝を下げることでその状況に対応しようとします。

結果的にリバウンドしやすい体になります。リバウンドを予防するためには、極端な食事の制限をしないでダイエットをすることです。

体を動かすダイエットを行うことで、ダイエット後のリバウンドを避けることができます。

結果を急いでも、ダイエットはいい結果が得られるわけではありません。

常に長いスパンで取り組んだほうが、結果的にはリバウンドせず目標に近い体重を維持することができます。

リバウンドで減った体重がまた増えないように、食事制限と運動の両側面から少しずつダイエットをしていきましょう。

急激な体重の減少とリバウンド

急に体重を減らすとリバウンドしやすくなります。

食事を健康的なものに改善するだけでも、ダイエットにはかなりの効果があります。

しかし食べたいものを食べずにいるとストレスになります。

ダイエットはストレスとの戦いでもあるので、できれば短期間で効果を出したいとだれもが望んでいます。

しかし、極端に食事の量を減らすことで短い期間で体重を減らそうとすると、多くの場合はリバウンドが発生します

体重を減らすために食事を少なくするという方法は有効ではありますが、リバウンドのリスクも高まります。

体重を減らしやすく、短期間で効果が出ると言われている方法に、専用のダイエット食を使うマイクロダイエットがあります。

マイクロダイエットの注意点として、ダイエットを終了させてからのリバウンドの可能性が高いことがあります。

また、食事を減らす方法は運動が後回しになりがちのようです。

リバウンドを防ぐには、運動を習慣づけることが大事です。

積極的に運動をして体脂肪を燃焼させることが、健康的なダイエットになるだけでなくリバウンド対策にもなります。

ダイエット後のリバウンドは、マイクロダイエットのように大幅に食事の量を減らすことによって発生しやすくなるようです。

1日2食まで置き換えできると言われていますが、できれば1日の置き換えは1食にとどめたほうが無難です。

体重の数値だけに注意を払って一喜一憂するようなダイエットは、リバウンドしやすいともいいます。

リバウンドせずに体重を維持

どうすればリバウンドせずに体重を維持できるのでしょうか。

体重を順調に落とすことができ、ダイエットが一段落してから、リバウンドなく体重を保つことが可能かどうかか大事です。

ダイエットとは、体重を減らすことそのものだけてなく、それ以後のリバウンド防止策も大事なことです。

ダイエットを成功させたという言葉は、減った体重を元通りに増やしてしまった時にはあてはまりません。

リバウンドをさせないためには、ダイエットが一区切りついてからも定期的に運動はすることでしょう。

運動はダイエット効果があることは自明ですが、目指す体重になってからも運動を継続することがリバウンド対策になります。

ダイエット方法の中でも、マイクロダイエットに代表されるような、食事制限を中心に行ったダイエットがあります。

しかし、食事制限を解除すると即座にリバウンドを起こすという欠点もあります。

ダイエット効果がある行為として食事を減らすことは確かにありますが、食べる量を減らしすぎるとリバウンドしやすい体質になります。

体を動かすこと、食事を見直すことがダイエットの中心です。

体重をキープするにはある程度の運動を続けることか重要ですが、技術や体力が必要なことではありません。

リバウンドのないダイエットをするには、適度な有酸素運動を続けることです。

気長に取り組むことで、体重をリバウンドさせずらいられます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ