リバウンドは運動で防ぐ!?

リバウンドの理由

ダイエットをする場合には、リバウンドの悩みはなくなることがありません。

リバウンドとは、ダイエットで一旦減った体重が、再び増えてしまう現象です。

ダイエット失敗になるだけではなく、場合によっては前よりも太ってしまうことが結果的にあります。

また、リバウンドを繰り返していることでどんどん痩せにくい体に変化してしまうといいます。

だからダイエットの成功にはリバウンドを回避する必要があります。

ではリバウンドを回避するにはどうしたら良いのでしょう。

実はいくつかリバウンドの要因があります。

その要因を理解することがリバウンド回避策になります。

そのリバウンドの要因ですが、極端なカロリー制限を行うと体が飢餓状態になり脂肪を溜め込みやすい体になることが、主な理由としてあげることができるでしょう。

極端にカロリー摂取量が減ると、私達の体は代謝を下げるようです。

そして体内に取り入れたカロリーをできるだけ脂肪として蓄積し、最低限度だけを使う状態になろうとします。

ダイエットでは逆効果ですが、少ないエネルギーでも生き延びられるようにという生命維持のためには重要な機能となっています。

筋肉が減少し、代謝が低下するといった現象も、食事制限をすることで起こる場合があります。

その仕組みは、筋肉が減ると新陳代謝が低下するため脂肪を消費しづらい体になるというものです。

他にも幾つかリバウンドの要因は考えられます。

これ以外にも、例えば、食事制限でのストレスで食欲が増大した、ダイエット終了後に今まで以上の食事をしたなどがリウンドの原因としてはあげられます。

リバウンドしやすいダイエットとは

ダイエットのときにリバウンドしやすいのは、どのようなダイエットなのでしょう。

今までさんざんリバウンドに悩まされてきたという人は、極端な食事制限によるダイエットをしている人が多いようです。

ある時期になると、体重の減りが今までと同じダイエット内容を続けているのに鈍化してくることがあります。

いわゆるダイエットの停滞期と言われるものです。

このダイエットの停滞期にダイエットを中断することでリバウンドしやすくなる様です。

まずは極端な食事制限をしないことが、リバウンドしないダイエットをするためには大事なことです。

食事を減らすことが近道のように見えるのが、ただ単に体重を減らしたいだけの場合です。

筋肉量を低下させては痩せづらい体質になってしまうのが食事制限によるダイエットで、そのリスクいはリバウンドしやすいことだけに限りません。

一時期りんごダイエット、キャベツダイエットなど単品のダイエットが流行しました。

体に必要な栄養が供給されないと、リバウンドの原因になってしまう様です。

リバウンドをしないダイエットを行わないためには、食事を減らすのではなく食事をどう食べるかに力点を置くことが大事なのです。

最終的にはダイエットにはプラスに作用するのが、栄養バランスを考え、必要な食事をよく噛んで食べることなのです。

すぐに食事を前の内容にダイエットし目標体重に達したからと戻すことによって引き起こされるリバウンドもあります。

ダイエット時のリバウンドは運動で防ぐ

いかに一度落とした体重をそのままキープしてリバウンドを防ぐかが、ダイエット成功のための重要なポイントです。

実はダイエットとは体重を落とすことよりもむしろ、体重を落とした後、リバウンドを防ぐことのほうが大切です。

短期間でどんなに減量できてもけっして成功とはいえないでしょう。

必ずと言っていいほどリバウンドは、ダイエットを行うことで起こるものです。

いかにリバウンドを小さくして、その後もダイエットを続けていけるかどうかが問題なのです。

必要なのは、運動をして、リバウンドをしにくい体を作るということです。

リバウンドは、ダイエットを特に食事制限を中心に行った場合、ちょっと食べ過ぎただけでもしやすくなってしまうそうです。

ダイエットに運動を加えておくことで、筋肉質な体となり、大きなリバウンドを防ぐことができます。

リバウンドを防ぐためも大事なのは、常に運動を継続することです。

無理な食事制限をしなくても、ダイエットを成功させることも、運動を中心にダイエットを行えば不可能ではありません。

毎日30分以上の有酸素運動を3カ月程度続けていかなくては、効果は運動だけでダイエットをするには、簡単に出ないかもしれません。

食事と運動両方からアプローチしていくことで、効果という面ではアップしますし、リバウンドを上手に防ぐことが可能となります。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ