リバウンドが怖い - いっそ断食でもしましょうか

ダイエッターにとって一番怖いのはリバウンドでしょう。

体重を減らすことは、実はいろいろな方法があるし、瞬間的には誰でも実現できているはずです。

ただ、闇雲にダイエットすると、体は脂肪を貯めようとする体質になり、かえって太ってしまったりします。

これがリバウンドですよネ。

でも、どうしても短期間にダイエット効果を出したいと言う場合があります。

そんな場合にはいっそ断食してみましょうか(笑

ポイントは「断食でカロリー摂取を少なくする」のではありません。

断食によって内臓の消火活動を休めることで体調を整えて、すっきりとした腸に改善することにあります。

とは言え、断食ダイエット中はカロリーの供給が無いので当然断食の後は完全にリバウンドの準備ができている状況になります。

そこで、断食をした後の回復期を注意することで、逆説的ですがリバウンドを克服してダイエットに成功することもあながち不可能ではないのです。

もちろん意志が弱いから絶対ダメという場合は、難しいかもしれませんネ。

あなたはチャレンジできそうですか?

断食ダイエットとは

断食ダイエットは実は注目のダイエット方法のひとつです。

断食とは文字通り一定期間食事をしないことです。

一般的に断食といえば、自分の考えを世間に訴えるため、抗議のため、宗教的な儀式や修行のひとつとして実行されてきたものでした。

近年では期間を区切って行う断食の健康効果などが見直され、ダイエットやデトックスのために行う断食に関心が集まっています。

断食をすることで内臓器官を一定期間休め体の調子を整え、ダイエットにつなげるという方法もあります。

食事を1日3食のしているのであれば、胃、小腸、大腸、肝臓、すい臓などはすべて休息なして働いています。

数時間休ませるだけでも機能が向上する効果があります。

断食によって、体内から排出されきれていない老廃物や宿便を出す効果が期待できます。

便秘の改善をすることは、ダイエット時にポイントになるものです。

すっきりとした腸に改善することで下腹に出っ張りがへこんだという人もいるようです。

ダイエットを目的とした断食は1日だけ、半日だけというプチ断食もあります。

水以外は何も食べない断食ダイエットの他にも、酵素飲料やフルーツジュースのみといったダイエット方法もあります。

効果的に痩身できる断食ダイエットは、体の中から作用する優秀なダイエット方法だといえるでしょう。

断食ダイエットは正しい知識に基づいて、適切に行わない限り健康を損ねる可能性がありますので注意が必要です。

そして、断食によって体が脂肪を蓄積しようと変化していますので、リバウンドしやすいことも認識しておくことが必要です。

プチ断食は人気のダイエット方法

プチ断食ダイエットとは、短期間の食事制限によって痩身効果を得るというものです。

脂肪を燃やすために、カロリー摂取を中断させるという方法ではないといいます。

体の中に蓄積されていた有害な物質や溜まった便を排出し、内臓の消化活動をしばらく休めることで体調を整える意図があります。

プチ断食ダイエットでは様々な方法があります。

朝食のみ摂取し、昼と夜は断食する半日間の断食や、土日のみ食べないというスタイルの週末断食などのやり方が一般的です。

ダイエットの内容も様々で、水だけで断食をする方法や砂糖水だけで断食をする方法もあります。

基本的には固形物を体の中に入れず、内臓器官を休ませることが大事です。

いつも通りの生活をしながらきちんとした断食を行うことは厳しいのが事実です。

身体にも長い期間の断食は負担をかなりかけることになるでしょう。

プチ断食ダイエット方法は、普段どおりの生活を送りながら、体へ負担をかけずに行うことができるダイエット方法といえます。

当日いきなり食事を抜くというものではなく、前日から徐々に食事量を減らすなどの方法で体を慣らしていきます。

実際にプチ断食ダイエットは健康状態良好な人のみ実践するこことが可能だといいます。

病気療養中の人、下痢気味で消化能力が低下している人、疲労がたまっている人はプチ断食ダイエットをすると逆に体調を崩す恐れがありますので気をつけましょう。

断食ダイエットには回復食を

断食ダイエットは、食事を抜くことそのものより、断食後にどんなものを食べるかが大切です。

要注意なのは、どんな食事をするかがダイエットの結果を決めることになるということです。

断食ダイエットというと、とかく食事をしないことに目が向きがちです。

もっとも注意すべき点は断食終了直後の体がリバウンドしやすくなっているという点です。

せっかく断食ダイエットがうまくいっても、リバウンドをしてダイエット前の体重に戻ってしまっては元も子もありません。

できるだけ省エネルギーをしようとし、脂肪を貯めようとする体になっているのが、エネルギー不足になってしまった断食した後の体なのです。

断食ダイエットの直後に食べたものは、いつもより備蓄脂肪分に回されやすくなっているのです。

断食ダイエット後は、すぐに通常食に戻すのではなく、回復食を食べる移行期を挟む必要があります。

移行期間は慎重に回復食の摂取を実践することが不可欠で、断食をした日数の2倍はかかるといいます。

回復食のメニューには気をつけるようにしなければなりません。

2日間断食をした人は、4日間に渡って回復食を食べるという具合です。

回復食はお粥やスープ系などの、消化の良いメニューにします。

断食直後は舌が敏感になっているため、薄味のものをじっくりよく噛んで食べるようにします。

移行期間に回復食の摂取をする場合には食べ過ぎに要注意です。断食後に食べるものがおいしくて、ついつい食べすぎてしまうと、すぐにリバウンドしてしまうので、注意していただきたいものです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ