ダイエットの停滞期はこうやって乗り越える

ダイエットをしていると一時的に体重が減らない時期が来ます。

そういうダイエットの停滞期を乗り越えないとダイエットに成功できません。

今回はこのダイエットの停滞期の乗り越え方について考えてみます。

ダイエットの停滞期とホメオスタシオス

長期でダイエットをしていると停滞期というものが必ずあります。

ダイエットの停滞期とは順調に減っていた体重の減りが鈍化する時期をいいます。

食事も我慢して運動もきちんと行っているにも関わらず、なかなか体重が減らないとなると、ダイエットのモチベーションがなくなるのも当然でしょう。

ホメオスタシスという体の防衛機能によって起こるのが、ダイエットの停滞期です。

体をある一定の状態に保持しようとするのがホメオスタシスという機能です。

例えば周囲の気温が下がっても体温が一定にキープされるのもホメオスタシスの働きです。

そのためダイエットで食事を少なくすると、カロリーの摂取量が減っても体重を保持しようとホメオスタシスが働くのです。

摂取したカロリーは脂肪として蓄積されるだけでなく、カロリーの消費自体が少なくなるのです。

つまりダイエットの停滞期は、補給できる栄養が減っても体のコンディションが変わらないように、体が必死に抵抗している状態なのです。

人によって停滞期の期間は異なるもので、1か月くらいの人もいれば、2週間程度で終了する人もいるといいます。

健康な体が起こす当たり前の反応である停滞期は、ダイエットがうまく行かなくなるわけですが、ある意味ではなくてはならないものなのです。

そこでうまく停滞期をやり過ごせば、かならずダイエットが成功できるのです。

ダイエットの停滞期中にすること

ではダイエットの停滞期になったときには、どんなことをすれば効果があるのでしょうか。

実はダイエットの停滞期に入ったからといって、特別なことをする必要はありません。

と言うのは停滞期が起こるということは、ダイエットが順調だということだからです。

運動やカロリー制限をこれまでと同じように継続することが重要です。

逆効果なのは、運動量を多くしたり厳しいカロリー制限をしたりと、体重減少が停滞しているからといって焦ることです。

適度な食事制限と運動を継続することで、ホメオスタシスの働きをなるべく抑えるようにしましょう。

体重の減りが今まで減っていたようにいかなくなると、頭では停滞期であることはわかっていても焦るのは当たり前です。

体調の変化や旅行や飲み会などの食事内容の変動など、ダイエットに影響を及ぼしかねない生活状況の変化があります。

停滞期の間に起こる出来事でダイエットの進み具合が左右されてしまうものです。

それを防ぐために、記録をつけておくと良いのです。

例えば毎日体重を記録しておくのです。

そうすることで、今が停滞期なのか、そうでないのかもはっきり分かります。

かならず停滞期は過ぎることを信じて、ダイエット中に停滞期に入ってもダイエットはペースを維持しながら継続しましょう。

体重は停滞期を過ぎれば必ず減少しますので、そうすればダイエットの達成も間近です。

ダイエットにおける停滞期中の心構えについて

どんな人でもダイエットをすれば、停滞期というものを経験します。

停滞期に入るとダイエットがうまくいかなくなった気がして、焦りが生じがちです。

それではどんな気持ちの持ち方で停滞期を乗り越えれば、ダイエットを継続することができるのでしょうか。

それにはまずダイエットでは停滞期が必ずあるということを分かっておきましょう。

ダイエットをしていれば停滞期が必ずあるのだということを頭に入れておけば、焦ることはありません。

正しい知識を得ることでストレスを減らすことが可能です。

努力して食事制限や運動をしているのにとイライラしてしまうのは、体重が思ったより減ってくれないからです。

なのでダイエットの停滞期中はできるだけストレスが蓄積しないようにして、ダイエットがうまくいっているんだというイメージを持ち続けると良いのです。

ダイエットを長期的に行う場合は、モチベーションを維持することが大変重要になります。

ダイエットの停滞期がある程度の期間続くと、体重が減少しても体の機能は正常に維持できると脳が判断します。

そうなると停滞期を乗り越えることができます。

ダイエットの停滞期が起こるのは、体が次の体重減少のために準備をしているんだと思うことにします。

そう思うことで、安心できるでしょう。

今までどおりにダイエットが順調に進行する様になると確信し、停滞期に負けないでダイエットを継続していきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ