やっぱり簡単にダイエットしたいよネ

どうしても簡単に減量したいッて思います。

簡単にダイエット出来るという情報に興味がある人は相当多いと思います。

同時にダイエットをスタートさせても、自分は効果が出ないのに、一緒に始めた人はぐんぐん痩せていくということもあります。

それはそのダイエット方法が自分に合っていないために起こるのです。

自分の体質や生活習慣がそのダイエット方法に合っていれば、簡単に減量をする事ができるのです。

ただ世の中には、数えきれないほどのダイエット方法がありますよネ。

豆乳や黒酢を飲むダイエット、バナナやりんごを使うダイエット、食事を摂らない断食ダイエット、炭水化物ダイエット、朝昼晩の3食を8時間以内におさめる方法などなど数え上げたらきりがありません。

なので数あるダイエットの中から、どれが自分と相性がいいかを知ることはとても大変です。

じゃあ、どうすれば相性の良いダイエット方法に出会えるのでしょう。

そのためにはこれからダイエットを始めるという人は、どんな減量なら自分の体に効果があるか、簡単な方法から調べてみましょう。

ところでいくら簡単にできる減量方法に出会えたとしても実践していく場合には幾つかの注意点があります。

一番注意しなければいけないのはリバウンドに警戒しなければいけないことでしょう。

せっかく簡単なダイエットがうまくいったのに、リバウンドが起きて痩せた分がそっくり増えてしまったという人も大勢います。

実は簡単なダイエットほど急激な変化が起きがちなため、その分リバウンドの可能性が高くなるのです。

簡単なダイエットを実行する時にはリバウンドをしないように注意をしましょう。

そうは言ってもリバウンドは起きちゃいます。(苦笑

そこでリバウンドがどうして起こるのかと言う事について調べてみました。

人は生きていくためや活動のためにカロリーを補給しています。

1日で使うカロリー量と、1日で体内に取り入れるカロリーの、使うカロリーの方が多ければ痩せるのは道理です。

例えば炭水化物の摂取量を減らすことで、減量効果を出すというダイエットがあります。

食事からの総カロリー量を少なくするための方法です。

ただカロリーの摂取を減らすダイエットでは方法に気をつけなければ体に悪影響が出る場合があります。

ダイエットするには食事量を少なくすればそれでいいと言う訳では無いのです。

人体にはホメオスタシスと呼ばれる機能があります。

そのホメオスタシスが原因で極端な食事制限をするとカロリー消費の少ない体になろうとします。

つまり痩せにくい体にしてしまう場合があるのです。

ホメオスタシスの機能は本来突発的な原因で、例えば食事がしばらく得られなくなった時などに、自身の健康状態を維持するために人体に備わっている機能なのです。

なので意図的に食事を減らした場合でも、体は何かのトラブルが起きて食事量が減ったと思ってしまうというわけです。

食事量を減らされると、人間の体はカロリーをできるだめ貯め込もうとします。

そのため単にカロリー摂取を少なくしたダイエットをするとリバウンドしやすくなるのです。

リバウンドが起きる仕組みを理解して取り組むことで、ダイエットを成功させやすくなるのではないでしょうか。

簡単に出来るダイエットということで、最近テレビのダイエット番組で、有る芸能人が挑戦して1ヶ月で4キロ痩せたという減量方法が紹介されていました。

方法は8時間ダイエットと呼ばれています。

食事をする時間は1日8時間のうちのどこかであり、それ以外の時間帯は一切食事をしないというものです。

カロリーを摂取できる時間は、例えば朝9時~夕方5時までの間や、朝11時~夕方7時までの間と決めて、その時間内だけで食事をします。

食事量を減らす決まりはありませんが、結果的に1日に16時間は何も食べません。

便秘ぎみの人も、胃腸を使わない時間をもうけることで消化を促進することができますし、カロリー摂取を控える時間帯は体内のカロリーが使えます。

16時間は何も食べないという時間さえ守れば、食事制限もなく運動の必要もないので、とても簡単な減量方法といえます。

もしも、8時間という時間内で朝昼晩の食事が出来ないという人は、一度の食事量を少なくして回数を増やし、規定時間を長くとるという方法もあります。

食事の時間を自分でコントロールしやすい生活をしている人は、この8時間ダイエットがやりやすく、効果が期待できるかもしれません。

ただ、この方法は自分自身の意向でないところで食事の時間が決まってしまっているという人にはちょっと難しいです。

減量方法自体は手軽にできる簡単なものですので、もし可能なのであれば、ぜひ実践してみてはどうでしょうか。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ