時間差別ダイエット 朝編

さて、前回は季節別のダイエット方法を紹介しました。

ダイエット歴の長いダイエッターの方でも、知らなかったダイエット情報を仕入れることが出来た方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

どうしてもダイエットを意識した際には欲が出てしまい、「少しでも早く」・「少しでも効果を」・「少しでも結果を」・「少しでも簡単に」・「少しでも負担なく」等々、多くの意識が芽生えてしまうものです。

その気持ちは同じダイエッターとして痛いほどに分かりますし、経験もあります。

ただ、二兎覆う者は一兎も得ずということわざがある通りに、欲を出し過ぎて行動してしまうと、結果的に得るものは少なかったり、下手をしたら何もなくなってしまったなんてことは、よくある話です。

欲を出し過ぎてしまうことで、せっかくの効果、せっかく頑張った時間、せっかくの気持ちを失ってしまうものです。

『急がば回れ』のことわざも良い教訓ですね。

シーン別に効果的なダイエット方法をきちんと把握し、上手に自分の生活に取り入れる事こそが、最も効果的でダイエットの近道になっていると、私は思います。

私は何度もダイエットに失敗し、時間をかけてきましたが、このことがダイエット成功の実感を手にした時に悟ったことなのです。

現在、ダイエットに励まれている方、これからダイエットに励もうとされている方、ダイエットには季節別・時間別・体質別に最も効果的なダイエット方法が存在します。

その秘訣を惜しむことなく皆さんにご紹介していきますので、これからのダイエット生活に有意義に取り入れてください!

さて、前回までは四季別のダイエット方法のご紹介でしたが、今回からは時間別のダイエット方法をご紹介したいと思います。

これからのシリーズは、毎日活用できる方法ですので、皆さんのペースに合わせて活用してみてください。

時間差別ダイエット 朝編

まず、今回のダイエットは朝食で最も効果的なダイエット食の紹介です。

朝食は取らない方も多いようですが、1日3食の食生活はダイエットの基本です。

このバランスが崩れてしまうと、摂取した食事の吸収率のバランスが崩れてしまい、摂取した食事を吸収しやすく蓄積しやすい太りやすい体質になってしまうので、ダイエットを意識される方は必ず朝食を取るようにしましょう。

また、朝食を食べられる方にパンを選択される方も多いと思います。

その理由として、お米は太りやすく、パンやパスタのような小麦製品は消化が良いので主食にするなら小麦製品が良いと考えられる方が多いようですがそれは間違いです。

小麦製品は消化も早く、お腹にたまらない割にカロリーが高いです。

どうせ小麦製品を食べるなら全粒粉のものを選ぶようにすると良いでしょう。

ただ基本的には腹持ちが良くバターや砂糖などの脂質を含まない白米や玄米を朝食にすることがオススメです。

この食生活はまさにダイエッター朝食の基本とも言える食事です。

毎日とは言いませんが、できるだけこの朝食ができる生活を心掛けてみましょう。

この心掛け1つで、きっと今よりもダイエット効果を実感できるようになることは間違いないと思います!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ