時間差別ダイエット 昼編

時間差ダイエットシリーズ、前回のテーマはダイエットに効果的な朝食のお話でした。

今お話しさせていただいている時間別ダイエット方法は毎日活用できる方法ではありますが、毎日継続することは難しいことでもあると思います。

慣れない生活をいきなり完璧にしようと意気込んでしまいことで、心折れやすい結果を招きやすいので無理はしないようにしてくださいね。

毎日行えるダイエット方法であるということは、継続しなければいけないという強迫に近い感覚を植え込ませてしまうこともあります。

しかし、見方を変えれば失敗してしまっても“明日”があります。

このくらいの大きな気持ちで挑む方が、意外と継続することができるようになってくるので、あまり気負いせずに挑戦していただきたいと思います。

時間別ダイエット方法は、私のダイエット人生の中でも上位にランクインするほどに効果を得たダイエット方法です。

ただ、その結果をすんなり受けることができたのかと言われれば、答えはノーですね。

私はかなり猪突猛進な性質を持っているので、焦ってはいけないと教えられていたにも関わらず、少しでも完璧な生活をして明るいダイエット効果を早く手に入れたいと思うあまりに無理に継続しようとしてしまいました。

無理は無理なのです。

自分の出来る範囲を超えて精神的に追い詰められてしまい、最初の時間別ダイエットは1か月足らずで断念してしまいました。

「何とか毎日しなければ」「毎日しなければ意味がない」と思って頑張っていたのですが、気を抜いた訳でもないのに1日だけ継続することができなくなってしまい、それからは「もう失敗してしまった。今までの1か月はこの1日でパーになってしまった」と、ショックのあまり、そのまま時間別ダイエットを放棄してしまったのです。

実は時間別ダイエットに焦りは禁物と、この方法を私に教えてくれたダイエットの先輩に、優しく教え治してもらいました。

逸る気持ちを抑えながら2回目の時間別ダイエットを開始しました。

失敗する日も多々ありましたが、そこで諦めることなく継続する生活を心掛けていくうちに、無理なく時間別ダイエットを取り入れられるようになったのです。

無理をしていないと感じた頃くらいでしょうか、私がこの時間別ダイエットの効果を実感できたのは。

なので、ダイエッターの皆さんも焦ってしまいたくなる気持ちは分かりますが、ここで焦ってしまってはせっかく手に入るはずだったものも手にすることができなくなってしまうので、心穏やかに大きな気持ちで挑んでください!

時間差別ダイエット 昼編

さて、ずい分と前置きが長くなってしまいましたが、時間別ダイエット方法・昼食編のご紹介をしたいと思います。

昼食は1人で軽食にされる方、友人や同僚と外食される方、お弁当持参の方と別れてくると思いますが、そんな食生活の中で、とにかく『野菜ジュース』を意識してください。

昼食は何を摂取しても良いです。

この時間帯は体を動かしているので、自分の好きな物を食べても良いのです。

ただかならず一緒に野菜ジュースを意識して摂取することで、体内システムが活性化しやすくなるのです。

体を動かしている日中の間にある昼食時に、この食事方法を意識するだけで代謝の高い体質作りの役に立つのですから、ここは見逃せないですよね。

また、野菜ジュースを意識するだけなので、ここは誰でも気負いなく継続できる時間帯であると思いますので頑張ってください!

さぁ、次回は時間帯ダイエットの山場・夕食編です!

次回もしっかりと付いてきてくださいね!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ